秋のスキンケア方法とは!重要なのは肌を清潔に保つ事と保湿!

秋のスキンケア方法とは!重要なのは肌を清潔に保つ事と保湿!

夏に受けた肌ダメージを上手にケアする方法を紹介します。

●洗顔+保湿

秋のスキンケアで大事なのは保湿です。
この保湿と洗顔、一見関係ないように思いますが、洗顔が上手にできるかどうかで、ターンオーバーや保湿力に変化があるんです。

秋になると、活発だったメラニンの生成が抑えられてきます。
夏に作られたメラニンは、ターンオーバーによって排出されていきますが、肌の調子が悪いとこれがうまくいかず、肌にメラニンが残ってしまいます。
これが、シミやソバカスの元です。

また、強い日焼け止めやウォータープルーフのメイクを落とすために使われるクレンジング剤は、強い洗浄力を持っています。
これはメイク汚れをきちんと落としてくれますが、肌のバリアや保湿に必要な成分まで一緒に落としてしまいます。
肌を清潔に保つはずのクレンジングが、乾燥を招いているわけです。

洗顔で大事なことは、やさしく洗うことです。
肌に汚れが残っていると、ターンオーバーの妨げになります。

メイクやほこり、老廃物などをきれいに落とすことは、正常なターンオーバーには欠かせません。
だからといって、ゴシゴシと顔を擦るクレンジング法はNGです。

やさしく洗うことで、肌が元々持っているバリアや保湿力を守っていきましょう。

●水分補給+保湿

洗顔したばかりの肌は、無防備な状態です。
水分がどんどん蒸発してしまうと同時に、洗顔によって皮脂が奪われているので、そのまま放っておくと乾燥につながります。
洗顔後は化粧水でしっかりと水分補給しましょう。
化粧水は、水分を肌に与えて潤す役割とその後に使う美容液やクリームを肌に馴染みやすくする効果があります。

秋の肌は、保湿機能が低下しています。
たっぷりの化粧水で潤すことで、柔らかく健康な肌へと導いていきましょう。
しっかり潤いを与えたら、その潤いを逃がさないように、乳液やクリームで油分を与えることで、水分の蒸発を防いだり、外的から肌を守ったりすることができます。

●スキンケア+保湿

秋は分泌される皮脂の量が減っていきます。
その上、洗顔によっても一部の保湿成分が奪われていますので、乳液やクリームで補うことが大切なんです。

また、ダメージを受けた秋の肌には、美容液をプラスするのが効果的です。
必ず、基礎ケアをしっかりと行ってからつけて下さい。

洗顔、化粧水、乳液やクリームと、当たり前のように毎日行っているスキンケアではありますが、秋は化粧水の量を増やすだけで、肌が元気になることもあります。

それほど保湿が鍵を握っていると言う事です。

●まとめ

何の肌トラブルも感じていない人でも、いつの間にか年齢肌が進んだりすることがあるそうです。
普段のスキンケアに保湿をちょっと念入りにして、夏のダメージをリセットしましょう。
秋にきちんとリセットできれば、厳しい冬を安心して迎えることができるでしょう。

●スキンケア・ヘアケア情報でオススメのサイトはこちら
福山市尾道市の美容院探しはコレッゾビューティー

 

コメント投稿は締め切りました。